※ このメルマガはインターネットに接続してご覧ください。  Vol.0005号 2009年07月23日発行

バックナンバー(音声/メルマガ)

 こんにちは、小蘭です。昨日の日本は天候が良くなかったようですが、今世紀最長の皆既日食を見ることは出来ましたか。私が暮らしている中国深セン市では、残念ながら見ることが出来ませんでした。
 読者の方から「メルマガの画像が表示されない」というお問い合わせがありました。このメルマガは、中国語の文字化けを避ける目的でHTML形式を採用しています。このメルマガの主要な解説箇所は全て画像の文字を使用しています。HTML形式のメルマガは、インターネットに接続すると画像が表示されますが、お使いのコンピューターを保護する機能を「有効」に設定している場合は、画像が自動的に表示されません。メルマガの画像を表示させるには、右下の[ メルマガの画像を表示させる ]をクリックして解決してください。

メルマガの画像を表示させる

本日配信メルマガの音声と発音を聞く

[簡体字と繁体字の解説を読む]

[四声の解説を読む 四声の音声を聞く]

■ アル化音

 中国語の単語の中には、語尾に「兒(儿/r)」が付いているものがあります。

  1.アル化すると意味が変わってしまうものがあります。
    例えば、次の場合は「ここ」「あそこ」という場所を示す言葉になります。
     【例】
        這   →  這兒
       ( これ ) → ( ここ )
        那        →     那兒
       ( それ、あれ ) → ( そこ、あそこ )

  2.アル化することによって、単語の品詞を変えることができるものがあります。
     【例】
        畫    →   畫兒
       ( 動詞 ) →  ( 名詞 )
        彎     →     彎兒
       ( 形容詞 ) → ( 曲がったところ )

  3.アル化なしであっても、使う言葉をわざわざアル化させると、
    親しみ、可愛らしさ、軽さなどのニュアンスが加わることがあります。
     【例】

  4.アル化によって、別の新しい単語ができることがあります。
     【例】
      一塊( 数詞+量詞 )→ 一塊兒( 副詞、「一緒に」の意味です。)
      一點( 数詞+量詞 )→ 一點兒( 名詞、「少し」の意味です。)


▲ トップに戻る

中国語講座−ネイティブ音声を聞いて学ぶ実用中国語−
 発行元 NCA中国語講座 メルマガ配信事務局
 発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000293438.html

業務案内中国語講座バックナンバー個人情報保護方針お問い合わせ登録/解除掲示板

Copyright(C)2009 NCA. All Rights Reserved.
掲載内容の無断転載・再配布は固く禁じます。